わろてんか

【わろてんか 感想 あらすじ 放送日 ネタバレあり】1週 1話「てんが商談を台無しに!」

1週 1話「てんが商談を台無しに!」

【わろてんか 感想 あらすじ 放送日 ネタバレあり】

 

 

 

 

ひよっこが終了し、新たな朝ドラ「わろてんか」がスタート。
いったいどんなお話しなのでしょうか?

 

この「わろてんか」のあらすじや感想を思ったまま
綴っていこうと思う。

 

舞台は明治35年の京都。

この「わろてんか」は、明治時代のお話になるようだ。

 


スポンサーリンク

 


 

 

ひよっこは昭和30年代から40年代のお話だから

この「わろてんか」は、ひよっこよりかなり
時代背景は昔に遡る形になる。

 

話は余談だが、このわろてんかには、
スーパー戦隊だった人物が2人出演している。

 

松坂桃李と千葉雄大。

 

松坂桃李が、侍戦隊シンケンジャーのシンケンレッド。

千葉雄大が、天装戦隊ゴセイジャーのゴセイレッド。

 

しかも、シンケンジャーの次にゴセイジャーが放送されたので
この2人はスーパー戦隊の映画でも共演している。

 

余談になったが、そういう点も踏まえると、

息はぴったりなのかな?

と思えるし、自分としては、

嬉しいキャスティングとなっている。

 

そして、主人公のてん。

 

とにかく笑い上戸で、何でも笑う。

箸が転がっただけで笑う感じで、すごく可愛らしい。

 

藤岡屋で手代として働く風太(鈴木福)も、

とっても笑いが好きで

てんとは、いろいろと家には内緒で出掛けていそうな

感じがする。

 

この藤岡屋は老舗の薬問屋で、

 

てんの父で藤岡屋の主人である儀兵衛は

外見からして、かなり厳しく厳格な父という感じで

周りからも恐れられている様子。

 

みんなで食事をしているシーンは、とても厳格で

この時代は、主人の言うことを聞かないと、

どうなるのか全然わからない。

 

いや~、自分がこの時代に生まれていたらとても

耐えられないかも。

やはり、現代がいいな~と思ってしまう。

 

主人が箸を置いたら、家族全員が置く。
食事中に笑うなど、あってはならない行為。

 

厳しい!!

 

ドイツからの来客を怒らせてしまったてんは、

お仕置きで蔵中に閉じ込められるし、

 

今後一切笑うことを禁ずる!なんて言われるし、
今では考えられない時代だなと思う。

 

原因となった、ドイツ人のご主人の頭に
蝶が止まった場面だけど、

 

てんが笑い出す前に、教えてあげて、取り払うべきじゃないか?
と普通に思ってしまう。

 

別に失礼でもないし、そうすれば、てんが笑って
失敗することもなかったのでは?と思ってしまう。

 

ではでは、「わろてんか」第2話も思ったまま、感想を綴っていこうと思う。

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

ウォーキングデッド8が
dTVで日本最速配信決定!
さらに!先行オンライン試写会!
このチャンスを見逃すな!

詳しくは↓↓↓をクリック

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪